買い物に失敗し続けた男の結論「自分の心を信用しない。」

どうも、売却のカリスマはこです。(@hacoTwi

結構前の話ですが、Twitterでこんなフレーズを目にしました。

迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ

なるほど、と思いましたね。

本当に欲しいものなら多少無理しても後悔しない!

安いからといって安物買いの銭失いをしてはいけない!

ということだと思います。

納得はしたんですが、これは僕には通用しません。

はこ
本当に欲しいと思ってたんだけどなー!なんか違ったなー!っかー!

これが頻発するからです…

 

買い物に失敗しまくった過去

タブレット編

代表的なもので言うと、やはり僕の中ではタブレット。

僕はここ数年でAndroidタブ、iPad、Windowsタブレットなどを5回ほど購入しています。

がしかし、今現在手元に残っているものは…ゼロ!!!

しかもそのほとんどを、僕は購入から1ヶ月以内に手放しています。

買ったらあんな使い方をしよう、こんな使い方をしようってバッチリ妄想シミュレーションするんですが、実際手元に届いてみると本当に出番がない。

出番がないなら価値の下がる前に売ろうってことで、すぐ手放してしまうというループです。

まあ一番の問題は学習せずに5回も同じことを繰り返してる点ですけどね。笑

 

インテリア編

僕は結構模様替えとか大好きな人間で、家具や家電の配置から1つ1つのアイテム選びまで時間をかけます。

あ、はじめに言っておきますが。

インテリアや模様替えが好きだからってオシャレな部屋とは限らないから!!な!!

…で、何が問題かと言うと、インテリアの好みがコロコロ変わりすぎること。

意識高そうなモノクロ基調の部屋に憧れたかと思えば、急にピンクだらけの部屋にしたくなったり。笑

その度、家具の一部やアイテムを買い換えたりしてたので、同じ家具が何年も家にあるってことがなかったですね。

学生でお金に余裕があったわけでもないので、1つ1つは安物でしたが。

今を例に挙げてもそうですね。

今でこそ

はこ
シンプル最高。

とか言ってますけど、数年前まではモノがギッチリ詰まったオタク部屋に憧れてましたしね。(憧れただけで実現はしなかった)

これは買い物自体に失敗したというよりは、不安定な趣味によって無駄になってしまうことが多かったという感じ?

 

アニメ感化編

動画で度々ネタにする話なんですが、僕はとにかくアニメの影響を受けやすいです。

今はアニメの視聴自体が減ってきたからかだいぶ落ち着いてきましたが、10代後半はヒドかった…!

某学園系バンドアニメを見て心動かされギターを買い、数ヶ月と練習が持たずインテリアに。

某弱虫系自転車競技アニメを見て奮起しロードバイクを買い、1週間経たずに返品。

と思ったらクロスバイクを買いなおし、やはり1ヶ月しないうちに売却。

20代になっても、某VR系無双アニメを見て衝撃を受けPSVRを買っ…

 

えませんでした!!品薄すぎるよ!!欲しかったのに!!

結局今となってはもういいやってなってます。あ、話それた。

 

本当に欲しかったのは本当。

色々と挙げてみましたが、どれも当時は本当に欲しかったんですよ?だから買ったんです。(ドヤッ)

結局、僕が失敗しなかった買い物って、「必要なもの」を買ったときです。

例えば今現在進行形で使っているPCとかね。

コレがなけりゃ仕事もできないし、生きていけない。(色んな意味で)

つまり!「必要かつ欲しいもの」ならば後悔は生まれない!っていうのが僕の出した結論です。

 

最初の引用形式で言うと、

「迷う理由が値段だろうがなんだろうがちょっと待て。欲しくても待て。それ本当に必要?」

です!!!

 

欲しいという自分の心が信用できなくなったはこでした。

では(´・ω:;.: (´:;….::;.:. :::;.. ….