自由を勝ち取るために「時間を買う」という感覚を大切にする

どうも、時を操る魔術師はこです。

すみません、持病の中二病が出ました。

少年
うわあ…

さてさて、みなさんは人生が何日あるか意識したことはありますか?

答えは「30,000日」(大体)

この3万という数字が長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、僕は初めてこれを聞いたとき、案外短いなと感じました。

朝起きてから夜寝るまで、1日はあっという間に過ぎ去ってしまう。

それをたったの3万回繰り返したら人生が終わってしまう。

人生って結構呆気ないもんですね。笑

時間は有限である

ということで至極当たり前のことですけど、時間には限りがあります。

僕は合理的な生き方をして、自分を高めるために限りある時間を余すことなく有効活用していま

せん。笑

はこ
疲れそうだしめんどくせ。

時間をフル活用しようぜ!っていうのは今回言いたいことではなく、自分にとって嫌であったり退屈な時間を過ごすのは損じゃないですかと言いたいのです。

Youtubeのキャッチフレーズは「好きなことで、生きていく。」

僕のモットーは「嫌なことから、逃げていく。」

時間を買うということ

漫画や小説の世界じゃないですし、「時間」そのものは当然買えません。

しかし間接的に時間を買うことはできます。

例えば、僕は月に1、2回東京へ行く用事があるんですが、そのときは必ず新幹線を利用します。

各駅停車の電車だと片道2時間、往復で4時間かかりますが、新幹線だとその半分。

電車に揺られている時間って快適とは言えないし、できることも限られてきます。正直過ごしたくない時間。

だったら時間を短縮してそのぶん家で転がっていたい。

はこ
ぐうたら最高!
少年
意識高いんだか低いんだか…。

交通費は倍近くかかってきますが、僕はそれだけお金をかける価値はあると思いますね。

他の例で言えば、お掃除ロボットを買うことで掃除の時間を短縮する=時間を買っている。

ハイスペPCを買って動画のエンコード時間を短縮する=時間を買っている。

など、便利や快適を求めることは時間を買うことに繋がっているんだなと、今書いてて気づきました。

嫌な時間を好きな時間に

別に時間の使い方なんて人それぞれだし、ぐうたらしようが自分を磨こうが、それが好きならなんでもいい。

ただ、嫌なことをしている時間とか、退屈な時間を過ごすのはもったいないんじゃないか。

それを少しでも軽減できるなら、そこにお金を払う価値はあるんじゃないかってことです。

僕は常に自由を追い求める人間なので、自由な時間を増やすためなら惜しみなくお金を使います!

 

上限はあるけど、時間は買えますよという話でした。

では(´・ω:;.: (´:;….::;.:. :::;.. ….