僕の顎事情を1から説明します【顎変形症・顎関節症】

どうもアゴです。

というのは半分冗談で、はこです。

少年
半分なのか…

結論から言うと、僕は来月顎の手術をします。(検査で異常がなければ)

Youtubeのファンの人たちは、僕が「顎に何かしらの問題を抱えている」という認識はあっても、具体的にどんな異常があるのか知っている人は少ないと思うので、ここで全て説明したろうと思います。

顎関節症と顎変形症

まず、僕が手術をして治すのは「顎変形症」です。

Twitterのリプライなどで、「わたしも顎関節症なのですがもしや私も手術を…?」なんて聞かれたこともありますが、顎関節症で手術を行うってことはまずないはずです。

これら2つの顎の病気はまったくの別物なんですが、僕が両方患ったせいで勘違いしてる人が多数発生してしまった模様…。

じゃあそれら2つの病気がどう違うのかと言うと↓

顎関節症とは

簡単に言うと、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状である慢性的な疾患で、原因はいくつかあり状態も異なるがまとめて顎関節症と呼ぶ・・・ということです。

引用:■顎関節症の定義 – 知っておこう!顎関節症

顎変形症とは

顎変形症 [ がくへんけいしょう ] とは 上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)のどちらか、あるいは、その両方で骨格的に位置のずれや形態の異常(非対称)が大きく、顔貌や咬み合わせの異常を起こしている状態を「顎変形症」といいます。

引用:顎変形症 [ がくへんけいしょう ] の治療例 – 矯正歯科ネット治療説明

つまり、顎周辺の細かな異常をまとめて顎関節症、骨格レベルで異常を起こしているのが顎変形症。

後者は基本的に外見でわかります。(僕は目立たないほうですが)

僕の場合、顎変形症の中でも「下顎前突」と言われる症状で、下あごが正常より大きいせいで歯が上手く嚙み合わず、生活に支障をきたすので治療しなければならないのです。

 

少年
「顎」って文字がゲシュタルト崩壊してきたあああ

治療し始めるに至った経緯

そもそも僕が顎変形症だったのは小さい頃からの話なんですが、実際に治療を始めたは1年半ほど前からです。

当時の僕は、なんだかんだ20年生きてこれたんだから治療せずに生きていけるんじゃね?と楽観的だったんですが、22歳になる頃、顎にある変化が訪れまして…

それが「顎関節症」の始まりだったのです。

口を開閉する度に顎がガクガク鳴るようになり、関節が引っかかって口を開けづらくなることも。

顎関節症は嚙み合わせが悪い人に起こりやすいらしく、つまり顎関節症を治すには顎変形症から治さなければいけない、と。

はこ
2つの病気は運命共同体なのさ
少年
なるほど、顎に歴史あり。

いよいよ覚悟を決めて病院へ通うことになったのでした。

実際の治療方法

さて、いざ顎を治すと言っても簡単ではありません。

まず、重度の顎変形症を治すには骨格を変えないといけないので手術は必須なのですが、その前提条件として「歯科矯正」をしなければなりません。

顎のポジションが正常になったときしっかりと歯が噛み合うように、事前に綺麗な歯並びを作っておくのです。

僕はよく「歯医者~」とかTwitterで呟いてたと思いますが、これは別に虫歯を治療してるわけじゃなくて、顎治療のために矯正していたということ。

ということで、顎には何をするわけでもなくしばらく普通に矯正治療。

不要な歯を抜いて器具を付けて毎月調整をして…

そんな日々を送っていたら嚙み合わせが多少マシになったおかげか顎関節症のほうは良くなってきて、今ではガクガクも引っかかりもなくなりましたとさ。めでたしめでたし。

あとは手術をして、術後矯正をしばらくして、完治を目指すのみってとこですね。

手術について

僕は手術とか人生で初めてなんですが、不安みたいなものは今のところあまりないです。

この不便な嚙み合わせからおさらばできるならバッチコイ!って感じなんですが、問題は実況活動…..

口周りの手術なので、退院しても普通に活動を再開できるのかが未だに疑問。

変な喋り方しかできなくなったら凹むなぁw

少年
もともと変だよ
はこ
潰すぞ

 

入院中はあんまり動画も出せないと思いますが、気長に完全復活をお待ちください…

では(´・ω:;.: (´:;….::;.:. :::;.. ….