人生で最初にプレイしたゲームは?実況者のゲーム歴を明かそう

どうも、ゲームに飯を食わせてもらっている男はこです。

今ではゲームが半分仕事になっている僕ですが、それでも子供時代のほうがゲームのプレイ時間は長かった気がします。笑

今回は幼少期から今に至るまで、僕がどのようなゲームをプレイしてきたのか紹介しマッスル。

はこ
ちなみに記事作成時点で23しゃい!

人生で初めてのゲーム

まずハードの話ですが、僕が覚えている限りでは一番最初に触ったゲームは任天堂の「ゲームボーイ」。

買ってもらったわけではなく、気づいたら家にあったので父親の所有物だったんでしょうね。

画面はモノクロで色はなく、単三電池4本も必要とする厄介モノでした。笑

充電池なんて大層な代物は持ってなかったので、家にストックがなければゲームオーバー!

少年
おいババア!さっさと電池出せ!
母親
弱い犬ほどよく吠えるわ

毎朝、幼稚園に行く前に「スーパーマリオランド」や「ポケットモンスターピカチュウ」をプレイしていたのは覚えてます。懐かしい。

ちなみにこのポケモンは攻略本を買ってもらって、ボロカスになるまで読みました。笑

初めてのテレビゲーム

人生初のテレビゲームは「ニンテンドー64」でした。

これまた買ってもらったわけではないのですが、ある日父親が買ってきたという覚えがあります。

印象深いのは「マリオカート64」!

今ではほとんどマリカーをプレイしない僕ですが、当時はかなりやり込んでいたと思います。(と言っても子ども目線で、ですが)

ちなみに今月発売するSwitchのマリオカートは買いまっせ!!復帰じゃー!!!

64は友達がたくさんソフトを持っていて羨ましかったんですよね~。

複数人でプレイできるもの(ドンキーコングやスマブラ)は一緒にプレイして、一人プレイのソフト(マリオストーリーやボンバーマン)は隣で指くわえて見てました。笑

携帯機にカラーの時代が訪れた!

次に僕が遊ぶことになる「ゲームボーイカラー」が登場したのは、僕がまだ幼稚園児の頃でした。

 (イラスト著作者:samvm.be)

買ってもらったのは小学生になってからだったかどうか…そのへんの記憶が曖昧なんですが、とにかく画面に色がついていることに感動しました…!

あとは電池が単三電池2本でよかったこと。ゲームボーイの半分っていうだけで嬉しかった気がします。笑

ゲームボーイカラーでも一番遊んだのはやっぱりポケモン(銀、クリスタル)で、この頃は「通信ケーブル」を持ってるヤツが神扱いされる面白い時代でしたw

その他によく遊んだソフトは「遊戯王」だったり、姉の影響で「ハム太郎」だったり…

はこ
へけっ

ゲーム機が横長になった

それまでのゲームは縦長が主流でしたが、2001年に登場した「ゲームボーイアドバンス」は横長でした。

誕生日に買ってもらって、最初のソフトは「スーパーマリオアドバンス」。

そしてやはり一番楽しかったのはポケモン。笑(ルビー)

はこ
マリオとポケモンがつよい。

年齢的には小学校低学年から中学年の頃で、友達とゲームするのが最高に楽しくなってきた時期です。

誕生日もクリスマスもお年玉も全力でゲームにブッパ。

ただ、唯一クリスマスにポケモンのパソコン(玩具)をお願いしたときがあって、クリスマス当日の朝、枕元に「スーパーマリオアドバンス2」が置いてあったときは泣きました。

他に遊んだゲームは多々ありますが、印象的なのは「ボクらの太陽」とか。

太陽光に反応するシステムが画期的で、このゲームは僕を外へ連れ出してくれました。

公園でするゲームも楽しかったなあ

少年
運動しろ

リッチな友人はアドバンスSP

(著作者:Evan-Amos)

後に発売された「ゲームボーイアドバンスSP」。

僕は結局買ってもらうことはなかったんですが、リッチな友人はこれに買い換えてました。

バッテリー式になっていたり、なによりフロントライトの搭載により暗い部屋でもプレイできるっていうのが本当に羨ましかった。笑

寝たふりして布団の中でゲームするという悪事を働きたかったんですよ…。

人生で一番楽しかったテレビゲーム現る

64の次に発売された据え置きハードが「ゲームキューブ」です。

これに関しては、僕の動画を見てくれている人にはかなり馴染み深いのではないでしょうか。笑

「スーパーマリオサンシャイン」「ゼルダの伝説風のタクト」「ピクミン」など、僕が実況したタイトルも数多くあります。

しかし一番やり込んだのはやはり「カービィのエアライド」。

シティトライアルというモードが楽しくて、友人とひたすらプレイプレイプレイ!

大学生になってからも一緒にやったりしました。笑

ずっと新作出ないかなーと願ってたんですが未だに出ておらず。

はこ
バーチャルコンソールに望みを託す!

画面が2つになっただと!?

僕が小学6年生のときに登場したのが「ニンテンドーDS」です。

(著作者:Evan-Amos)

特に何かの記念日やご褒美というわけでもなく、母親が発売日に買ってきてくれました。(いまだに謎)

画面が2つになったのは見ての通りで、下画面がタッチパネルというのも当時は革新的だと思いましたとさ。

ちなみに僕は先ほど言ったようにアドバンスSPを持っていなかったので、一番感動したのはバッテリー式で電池の用意がいらなくなることだったかもしれません。笑

はこ
それほど電池問題は深刻だったのだ

あとは通信がワイヤレスで可能になったこと。

アドバンス時代にも外付けで機器をつけることによって可能でしたが、持っている人はあまりおらず。

通信ケーブル所有者が持てはやされる時代は終わりを告げたのです…。

ちなみに最初のソフトは「スーパーマリオ64DS」。やっぱりマリオ。

そして一番やり込んだのは…「おいでよどうぶつの森」ですかね!!!

それまでどう森シリーズは据え置き機でしか出ておらず、携帯機でどこでも「どうぶつの森」がプレイできるっていうのは感動モノでした…!

ここで登場SONYのゲーム

これまでずっと任天堂のゲームしか登場してきませんでしたが、僕は中学生になるまで任天堂のゲームしかやってこなかったんですよね。

そして中学生になって初めて手を出した他社のゲームが「PSP(プレイステーションポータブル)」です。

当時、携帯機としては圧倒的なグラフィックを誇っていたPSP。

ゲームはもちろんですが、映画を観たり音楽プレーヤーみたいな使い方をしたり、その万能っぷりに惚れ込んだものです。

最初のソフトは「塊魂」、一番やり込んだソフトは…「モンスターハンターポータブル2nd」!

中学生時代のゲームって言ったらほぼモンハンです僕は。

部活が終わったら友達の家でモンハン、休みの日は朝から集まってモンハン、家でも外でもどこでもモンハン。

ちなみに僕は3rd以降、モンハンをやらなくなりました。

少年
一緒にやる友達がいなくなったんだねボッチくん。
はこ
否定できない。

さよならコンシューマー

高校生になると、僕はいわゆる家庭用ゲーム機からしばらく離れることに。

とは言えゲーム自体をやらなくなったわけではなく、PCでネトゲにどハマりしていくわけです。笑

その時期の詳しい内容は過去記事で書いているのでよかったら↓

ネトゲ廃人だった学生時代のすべてを語ろう

2017.03.11

まったく家庭用ゲームをやらなかったわけではなく、WiiでWiiSportsの卓球を極めようとしたり、またポケモン(ソウルシルバー、ブラック)に手を出してみたりってこともありました。

が、やはり子ども時代のようには熱が入らなかったなあ…

スマホゲームが盛り上がってきた。

ネトゲも勢いを落とし始めた頃、それに代わってスマホゲーが人気になっていきましたね。

僕も一時期「パズドラ」にドハマりしてそれなりに課金してましたが、ネトゲほど長くは続きませんでした。

ゲーム実況時代開幕!!

大学生になってゲーム実況を始めてからは、とりあえず最新のゲーム機はほぼ購入。

それまで手を出してこなかったSONYの据え置きもPS4でデビューしたり、縁の無かったPCのフリーゲームも結構やりました。

すでに1000本以上の動画を上げている僕ですが、ゲーム実況をしていなかったらその中の9割以上のゲームはプレイしていなかったと思います。

でもまさかこれを生業にする日が来るとは、始めた当時は思わなかったよ…笑

新卒Youtuberが誕生した裏話

2017.02.27

まとめっ

以上が僕のゲーム歴の概要です。

もちろん挙げたゲームはほんの一部で、他にも色々なソフトで遊んできました。

思えば、ハードの移り変わりはあっても僕がゲームから離れた時期って物心ついたときからほとんどないんですよね。

はこ
受験期にも離れなかったせいで受験失敗!アハハ!

また友達と集まってゲームで騒ぎたいなぁとか、ネトゲ業界がまた盛り上がらないかなぁとか、今でもゲームに対する思いは色々あります。

僕が今よりもっとおっさんになったら、ゲームに対する見方とか考え方は変わってしまうのだろうか…!!

とにかく今はまだ今後のゲーム業界に期待してます!!

では(´・ω:;.: (´:;….::;.:. :::;.. ….